目的は一般入試による受験合格!進学塾

進学塾のカリキュラムについて

進学塾とは、中学受験や高校受験、大学受験などで一般入試で難関校に合格することを目指した塾です。比較的学力が高い生徒のため授業のレベルは高く、学校の授業を先取りした内容や受験対策に特化した内容となっています。入塾テストが設けることで、優秀な生徒を集めている塾や習熟度別のクラスに分けている塾も多いです。学力に見合った授業を受けられるように集団指導の形式で行う場合が多く、定期試験を行い成績次第でクラスが上がったり下がったりするような場合もあります。受験を目的とした施設としては、進学塾の他に予備校もあります。予備校は高校生や浪人生を対象にしているのに対し、進学塾は小学生や中学生も対象にしているのが違いです。

進学塾に向いているのはどんな子ども?

進学塾に向いているのは、高い偏差値を目指している子どもや積極的に受験を希望している子どもです。進学塾は一般入試での合格を目的としているので内容はシビアであり、授業について行けなくなるケースも少なくありません。友達と一緒の塾に通いたいなどの理由では、ためにならない可能性が高いです。進学塾に通うのなら、志望校になんとしても合格するという強い意思を持っていることが求められます。進学塾ではハイレベルな授業について行くために宿題や事前の予習をこなす必要があります。そのため自宅で勉強する習慣が身についていることも大切です。また、周囲の生徒と競い合いながら勉強していけるのも進学塾の特徴の一つ。一人で勉強するよりもライバルがいる方が勉強に身が入るという子どもにも向いています。